« 杖のおかげで | トップページ | ピンキラ »

不毛地帯・JIN 仁

テレビはあまり見ない方で、
特にドラマは大河以外は見なかったりする
何曜日の何時からというのが、覚えられないのである
そんな私に今シーズンは珍しく2本もお気に入りができた




木曜日は「不毛地帯 の日」
10時までにお風呂も入って、テレビの前に座っている
小出役の松重豊 、鮫島役の遠藤憲一、里井役の岸部一徳が
顔も演技もコワい コワいけどおもしろい
特に不幸がべっとり張り付いたような小出の松重さんが
今後どんなふうに出てくるのかコワいけど知りたい
それと、里井の岸部一徳が回を重ねるごとに壊れていく様子が
ホントにコワい コワいけどおもしろい
鮫島の遠藤さんは、なんてワル顔なんだろうと思うんだけど、
公式サイト の写真などを見るとマルチーズなんか飼ってて、
すごくいい人みたいだ
不毛地帯はきっと最終回まで見ると思う




もう一つはJIN 仁
内野聖陽の(ちょっと老け気味の)坂本龍馬のはじけっぷりが楽しい
時代劇にはちょっとウルサい私だが、
JINは、現代人が幕末へタイムスリップしてしまうという
ありえない設定だからこそ
幕末の江戸のリアルさが必要で、その点合格!
お話もいよいよ佳境にさしかかって
もうじき終わってしまうのかと思うとさみしい
先日朝日新聞に
「仁先生が無事に現代に戻って来れるのか心配」という
74歳のおじいちゃんの投書が載ってた
これからお話はどうなっていくのか、
龍馬暗殺は? タイムスリップのナゾは?
日曜日の8時が待ち遠しい




|
|

« 杖のおかげで | トップページ | ピンキラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。