« 土日のこと(2) | トップページ | またまたやってしまった »

バス停で・その2

前回のお話は→バス停で



なんかまた私、「話しかけられやすいなにか」を発してたみたいで、
バス停でお二人の人生の大先輩にお声がけいただきました



「あなた、ここのバスなかなか来ないの知ってた?」
そうなんですよ、1時間に2本しかないですから(東京の真ん中なのに)



でね、いろいろお話させていただいてたら、
お一人の方が私の杖を見て「脚、どこが悪いの?」と
股関節だというと、「私なんかもう人工股関節よ!2回も手術したわよ!」
「一度人工にしてね、そしたらそれが10年前に摩耗してきちゃって、
また痛くなってきてね、今度はチタン入れたの」ほー!
「手術するとね、本当に痛みがウソみたいになくなったわよ!」
「病院はよく選んだ方がいいわよー!」



もう一人の方は、なんと80歳を超えてらしたんだけど、
お肌がつやつやで、お化粧もきれいになさってて、とても若く見えました
「家が商売をやっててね、私まだ現役なのよ!」
「やっぱり人と接してるとね、自然としゃんとするのよね」なるほど。。。
「でもねーやっぱり80になったときは、がっかりしたわホント」と言うと、
チタンの彼女が「あら、私70になったときがっかりしたわよ〜」
私まだその半分位なんで、まだまだこんなところでがっかりしてらんないなー



バスが来ると、楽しい会話も終わり
そして「お先に乗って!」「いいえ、先輩からどうぞ」などと譲り合い
賑やかなバス停のひとときでした







|
|

« 土日のこと(2) | トップページ | またまたやってしまった »

股関節」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。