« 初めてのデイサービス | トップページ | 申請書をもらいに市役所へ行った »

障がい者手帳を申請することになった

先日の記事 で、自分が中途半端な存在だと書きましたが、
今日、整形外科医と相談して「障がい者手帳」を申請することになりました
私「先生、私、手帳もらえるかな?」
医「うん。もらえるよ。市役所行って申請書もらってきて」
なんだかあっさりと言われました
等級は低い方になるとは思いますけど、
持ってることで、いろいろな援助が得られるならその方がいいと思いました

こんなことを書くとズルいように思われるかもしれないですが、
これから仕事を探すのに、手帳があった方がメリットがあると思ったのです
障がい者雇用なら、時差通勤が認められたり、
通院のための都合もつけやすかったり、いろいろ配慮してもらえるからです
今、松葉杖をついて通勤してますが、朝のラッシュはやっぱりキツいです
昨日なんか電車が遅延してて混んでるのに、座れなくて、
40分近く立ちっ放しで、もう限界を超えていました
職場に着いても、結局松葉杖を手放せなくて(いつもはオフィス内では杖なしで動いています)、
一日ずっと片松葉でオフィス内を移動していました
昨日の今日で、診察を受けて、やっぱり可動域が狭くなっていて、
かなり関節が固くなっているようでした
疼痛も昨日から続いています

こんなふうにして「健常者」として働き続けられるだろうかと
日に日に不安になっていたので、
手帳がもらえると聞いて、今日、ちょっとホッとしました
手続きに1カ月ぐらいはかかるそうなので、
早速明日にでも申請書をもらいに行って来ようと思います


手帳を申請するにあたって、整形外科医の先生から一言
「だけど、あんまり手帳に頼らないで、良くしていく努力はしてよ。
まだ本気出してないでしょ?本気で7kg減ね!」
えええーこの前は5kgって言ってたのに、2kg増えてるじゃんΣ( ̄ロ ̄lll)


|
|

« 初めてのデイサービス | トップページ | 申請書をもらいに市役所へ行った »

股関節」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。