« りきの話〜青年・中年期〜 | トップページ | 雨の日もたまにはいいことがある »

少しずつ少しずつ

GWも後半になりました
私は今年10連休なので、今日と土日でおしまいです
10日間も休んで、月曜日からちゃんと社会復帰できるのか不安ですcoldsweats01

りきが天国へ旅立ったのは、連休前の4月26日の夜でした
もう11日も経ってしまいました
27、28日と会社でひとりきりになってしまう時間がつらかったです
気づくとりきのことを考えて、泣きそうになっていました
帰って来ると悲しみがこみ上げて来て、号泣していました
今でも悲しいし、泣きそうになることはあるけど、
この連休の間に少しずつ気持ちの整理がついてきたような気がします
まだ完全ではないけど、泣き続ける毎日からは脱出できました


もうりきに会うことはできないけど、
きっとりきは天国で、何不自由なく、もう痛みも恐怖もないところで
好きなだけ走り回って、ゆっくり眠って、たくさん食べて
笑っているだろうなと思うようになりました
そして、りきに出会えたことに感謝しています
りきが18年もがんばって生きてくれたことにも...
窓辺にりきの写真と花を飾っています
連休中、毎朝花の水を換えて、そしてりきに話しかけています


Img_0150

Img_0151_2
Img_0153

今日、近くのお寺に行きました
鬼子母神が祀られているので、りきのことをお願いしてきました
りきは犬だけど、私にとっては弟みたいな、
小さな男の子の感じだったので(最後はおじいさんでしたが)、
子供を守ってくれるという鬼子母神さまがいいかなと思って



りきが亡くなってから、まだ実家に帰っていません
なんとなく帰るのが怖いです
りきがいた空間に、りきがもういないのを確認するのが怖い
弟がりきの歯と骨と毛を私にと、とっておいてくれました
それを取りに帰らなくちゃいけないと思うんだけど、
なかなか気持ちが向きません


ペットロスの人たちの間で有名な「虹の橋」 というお話があります
このお話をネットで見つけて読んで、涙が出ました
本当にそうだったらいいなと思います
そして、そこでりきが父と再会してくれるといいなと思いました
いつの日か、私もそこでりきと父に会いたいです
りきの小さな身体、ふわふわの毛に包まれた身体、
その背中に小さな羽が生えて、天使みたいに空を飛んで、
自由にどこへでも行けるようになってるともっといいなと思います


りきのおかげで、これからもっと生き物を大切にして、
愛していこうと思うようになりました
限りある命の時間を共に過ごせた幸せ
りきが私に残してくれた宝物です
ありがとう、りき
ずっとずっと愛してるよheart02



|
|

« りきの話〜青年・中年期〜 | トップページ | 雨の日もたまにはいいことがある »

U^×^Uりき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。