« 少しずつ少しずつ | トップページ | 松葉杖生活1周年?! »

雨の日もたまにはいいことがある

GW10日間をぼーっと過ごした後、
8日に祖母が老衰で他界、91歳の大往生でした
葬儀告別式が11日にあって、朝早いので10日から実家へ帰省
10日はお通夜でしたが、私は行かずに母と弟に任せました
りきが亡くなってから初めての実家でした


母が認知症なので、弟が家事一切をやってるのですが、
母の頃より数段部屋がきれいに片付いてます
台所もすっきりきれいになってるし


夕方5時過ぎに実家に着いたのですが、母と弟はすでに出かけた後
しーんと静まり返った家の中、そうだ、りきはもういないんだと思うと
本当にひとりぼっちでさみしかったです
仏壇には小さな骨壺 こんなに小さくなっちゃって
じっと抱きしめて泣きました
そしてりきは、私のもとに小さな骨と毛になって戻って来たのです

110513_220703

シルバーのキーホルダーの中にりきの骨が入っています
これはペット火葬のときに作ってもらったそうです
そして、ビニール袋に入ってる毛は、弟が私のためにとっておいてくれたものです
毎日、キーホルダーを持ち歩いています
りきと一緒に過ごしている気分になるように
そのうちペンダントにして身につけたいと思っています






亡くなった祖母とは長年会っていなかったので、
昔の思い出しかなく、亡くなったと言われても実感がなかったのですが、
ここ9年間寝たきりだったと知りました
夜眠って、そのまま旅立ってしまったそうです
91歳って本当に長いですよね
子供の頃、可愛がってもらったな
毎年冬になると半纏を作ってくれたな



告別式のあった11日は、朝から雨がひどくて寒い一日でした
全部終わった後、叔父に車で駅まで送ってもらい、電車に乗りました
前日が暑かったので薄着で、傘も持ってなくて(持っててもさせないけど)
最寄り駅から濡れるのを覚悟で歩いていたとき、
「ダイジョブデスカ?」と傘をさしかけてくれる人が!
振り返ると外国の方でした(ちょっと焦ったcoldsweats01
聞くとアメリカ青年で、来日してまだ1カ月だといいます
日本語はカリフォルニアで勉強して、今、日本の大学で英語教師をしてるそうです
おうちも私と同じ方向で、結局、おしゃべりしながら家まで送ってもらいました
別れるときにお互いの名前を言ったのですが、
残念ながら横文字に弱い私、半分ぐらい忘れてしまいました
「マタヨロシクオネガイシマス!」と言って去って行った青年shine
またいつか会えるといいなと思います
おばあちゃんとりきが会わせてくれたのかな
雨の日もたまにはいいことがあるもんですねrain



|
|

« 少しずつ少しずつ | トップページ | 松葉杖生活1周年?! »

U^×^Uりき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

股関節」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お久し振りです。しばらく訪問してない間に色々あったみたいですね。
お父さん、祖母、りき・・・・・みんな幸せな人生だった事だと思います。
今頃3人一緒に天国で楽しく暮らしていると思いますよ。

投稿: KINJYO | 2011/05/14 02:31

dogKINJYOさん

わーお久しぶりです。
ありがとうございます。
りきが亡くなったのが本当にショックで、
今もめそめそしてますが、だんだん元気になっていくと思います。
そうですね、みんな天国で笑ってるといいですね。
そして、いつかまた会えるといいなと思っています。

投稿: なえ | 2011/05/14 13:31

この記事へのコメントは終了しました。

« 少しずつ少しずつ | トップページ | 松葉杖生活1周年?! »