« 8月の終わりに | トップページ | 9月1日江戸川落語会 »

肘のストレッチ

肘部管症候群で検索して、このブログにたどり着く方がいるようなので、

現在の私の状態などをお知らせします。

ご参考になれば幸いです。

Ilplants1

2年前から肘部管症候群になりました。

特に左手がひどいです。

小指と薬指がしびれて、肘にかけて痛みます。

最近は車いすを使っているので、以前より痛みは少ないのですが、

たまにロフスト杖をつくとやはり痛みがでます。

一日杖をついていると、脚より先に手が悲鳴を上げてしまいます。

現在、肘部管症候群については治療はしていません。

服薬もしていません。

痛みがあるときは、軽くストレッチをして様子を見ています。

YouTubeに同じストレッチの動画ありました。

痛みがないときから、このストレッチをしていると

調子がいいみたいです。

やはり筋肉を柔らかく保つというのが大事なんだと思います。

(股関節もしかりです)

もし、痛みがひどい、指がしびれて感じないなど症状がひどい場合は、

迷わず整形外科を受診して適切な治療を受けてください。

症状が悪化しないうちに手を打つのが一番です。

Ilplants1

私の場合、なぜ左手が痛むのかというと、

ロフスト杖のつき方によるものと思います。

左右ともロフスト杖を使っているのですが、

右脚(股関節)が左脚(股関節)より悪い(不安定)ために、

悪い脚とは逆側、つまり左側で身体を支えています。

左手により加重がかかってるので、痛みが生じるのではないかと思います。

ちなみに、右股関節の変形がひどいために、脚長差がかなりあり、

左脚より右脚の方が2~3cm短くなっています。

歩行時、脚長差から身体が左右に揺れます。

右脚に加重をかけると股関節に痛みを生じるので、

左脚に加重をかけています。

立位のときは左側に重心を置きふんばっています。

このようなことから、私の場合は、左手に負担がかかっています。

Ilplants1

|
|

« 8月の終わりに | トップページ | 9月1日江戸川落語会 »

肘部管症候群」カテゴリの記事