肘部管症候群

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

先日BSプレミアムで放送していてなにげなく録画しました。
私はダンス・舞踏にそれほど興味を持ったことはありませんでした。
ずっと昔にクラシックバレエの公演を一度だけ観に行ったことがあるぐらい。
そんな私はピナ・バウシュの名前は聞いたことがあっても、
彼女がどんな人でどんなダンスをしていたのか全く知りませんでした。
予備知識ゼロでこの映画を観ました。
それなのに全然飽きませんでした。
なぜだろう?

Line10

「言葉で表せないことってある。想像してもらうことが大事。
言葉で言い表せない何かを感じ取ってもらうのがダンスの原点」
そんなピナの言葉から始まる冒頭。
ステージに敷き詰められた土の上で、男女のグループが激しく踊る。
私は、特に女性の力強さに引き付けられた。
何かを自分の方に引っ張りよせるような腕の動き。
不安、おびえ、戸惑い、恐怖…。


モノレールに白いドレスの女性が乗ってくる。
まるで鉄でできているロボットみたいな動き。
白いクッションをハイヒールで踏みつけ、
掴んで平手打ちしたり、
お尻で座席に押し込んだり。
笑ってしまう…こんな人って確かにいる!
素敵なはずのドレスはなんだか甲冑みたいだし、
ハイヒールもエレガントではなくて暴力的(笑)
座席に座ってすましているけど、正体は…?


一列に並んで身体検査を受けているみたい。
カットが変わると、みんな歳をとっている。


頭と肩と肘と手首に木の枝を載せて歩く男性。
どうして枝が落ちないのだろう。
まるでこの人が木になってしまったみたい。








Line10
土や水のある舞台で躍動する身体から放出されるエネルギー
ときにシリアスで、ときにユーモラスな動き
身体にすべての感情が詰まっているようだ。


腰をロープでつながれている女性が
右に左に半円を描いて走る。
最初は、ロープから逃れようとしていると思った。
その後、身体は前傾していき、
腕は高く掲げられ、動きが止まる。
ロープでつながれていることで成り立つ姿勢だ。
最初に感じた窮屈さ、不自由さと
そこから変化していく感覚…この自由さはなんだろう。
自分を縛り付けているロープが与えてくれる自由…!



続きを読む "Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち"

|
|

肘のストレッチ

肘部管症候群で検索して、このブログにたどり着く方がいるようなので、

現在の私の状態などをお知らせします。

ご参考になれば幸いです。

Ilplants1

続きを読む "肘のストレッチ"

|
|

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

GWは、サッカー観戦で鹿島と清水を往復していました。
今年は9連休だったけど、終わってみればあっという間でした。

W123

4月に入ってから、左手の小指と薬指にしびれを感じるようになり、
感覚がない状態がずーっと続いています。
そして、肘から小指にかけて疼痛。
最初は左手だけでしたが、日によっては右手も同じような感じに。
疼痛が始まると、腕が全体的にだるくなって、
気力も萎えてきます。


変形股関節症で脚の疼痛はイヤというほど経験してますが、
手の疼痛というのは今回初めてで、戸惑いました。
脚の場合は、鎮痛剤を飲んで安静にしていれば(基本動かない)、
時間の経過とともに痛みも治まって行きますが、
これが手となると安静といっても、生活してる以上、
使わないというわけにもいきません。
まして仕事中であれば、PCも使うし、細々とした動きあれこれ。
重いものは持たないなど、なるべく力を使わないように気をつける。
重だるく疼く両手腕を気力を振り絞ってなんとか動かして、
鎮痛剤が効いてくるのをじりじりと待つしかないのです。
端から見たら、私はどう見えるだろう。
怠けてるように見えないかな。
だらだらしてるように見えるんじゃないかな。
そんなことも気になります。


「肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)」
ネットで症状を調べてどうやらこれらしいと思った病気です。
「肘部」ひじぶじゃないんですね、「ちゅうぶ」と読むんですね。
「肘部管」は、肘の内側にあって、尺骨神経が通っているトンネル。
リンク先に詳しい説明がありますが、尺骨神経は薬指と小指を動かします。
したがって、「肘部管」が何かの原因で圧迫されたりすると、
その中を通ってる尺骨神経に影響して、神経麻痺を起こすというわけです。
原因にはいろいろあって、たとえば交通事故で肘関節を骨折したとか、
あるいは野球などのスポーツの影響で肘関節が変形してしまったり。
また、この病気は進行性で重度になると、手がかぎ型に変形(薬指と小指がまっすぐにならない)したり、知覚麻痺がひどくなって動かなくなります。
原因によっては、手術が必要となるケースも多いらしく、術後リハビリも時間がかかるようです。



と、こんなことを昼間ずっとネットで眺めていたら、
とてつもなく不安になってしまいました。
私は杖なしでは歩けない脚なので、手と腕がダメになったら、
杖がつけなくなったら、自力で歩けなくなってしまいます。
車椅子になるのかな?
それに手が動かなくなったら、仕事はどうするの?
私の生活はどうなるの?


W123

そんな不安を両手一杯抱えて、仕事帰りにいつもの整形外科へ。
急患が入って、結局2時間待たされ、やっと主治医と会うことができました。
「先生、『肘部管症候群』ですか?」と聞くと、
「ああ調べて来たんだね。その診断は正しいです。当りだね。」と主治医。
ロフスト杖のせいで肘関節が圧迫されてるのが原因とのこと。
「じん帯が厚くなったり、嚢腫が原因ではないので、
薬物療法で経過を診て行くしかない。長い付き合いになるかもしれないね。」と。
メチコバール(ビタミンB12)、ノイロトロピン(鎮痛剤)、
ジクロフェナクNaクリーム(経皮鎮痛消炎剤)が処方されました。
そして、またストレッチ!肘・手首を伸ばすストレッチを教わりました。
「できるだけ筋肉を柔らかく保てば、その分楽になるから」と。
こうして私はまた一つオマケ(持病)を持つことになりました。



診察前に抱いていた不安が100%消えた訳じゃないけど、
とにかく主治医に言われたことをきちんとやって、
薬を飲んで、あとは腕と手を使い過ぎないようにするしかないです。
PCのキーボードや、携帯・タブレットの操作も結構負担がかかるので、
少しセーブしようと思います。
といいながら、今日はとっても長文になってしまったcoldsweats01


最後まで読んでいただいてありがとうございました。






| | コメント (0)
|