U^×^Uりき

もしタイムマシーンがあったら

こんばんは。
今日は3月12日です。
私は部屋で暖房をつけています。
TVの主電源も入っています。
wiiの電源も入っています。
お風呂も普通に入りました。
暖かいお茶を飲むこともできます。
たぶん明日の朝も、暖かい食事をとることができます。


続きを読む "もしタイムマシーンがあったら"

| | コメント (0)
|

雨の日もたまにはいいことがある

GW10日間をぼーっと過ごした後、
8日に祖母が老衰で他界、91歳の大往生でした
葬儀告別式が11日にあって、朝早いので10日から実家へ帰省
10日はお通夜でしたが、私は行かずに母と弟に任せました
りきが亡くなってから初めての実家でした


母が認知症なので、弟が家事一切をやってるのですが、
母の頃より数段部屋がきれいに片付いてます
台所もすっきりきれいになってるし


夕方5時過ぎに実家に着いたのですが、母と弟はすでに出かけた後
しーんと静まり返った家の中、そうだ、りきはもういないんだと思うと
本当にひとりぼっちでさみしかったです
仏壇には小さな骨壺 こんなに小さくなっちゃって
じっと抱きしめて泣きました
そしてりきは、私のもとに小さな骨と毛になって戻って来たのです

110513_220703

シルバーのキーホルダーの中にりきの骨が入っています
これはペット火葬のときに作ってもらったそうです
そして、ビニール袋に入ってる毛は、弟が私のためにとっておいてくれたものです
毎日、キーホルダーを持ち歩いています
りきと一緒に過ごしている気分になるように
そのうちペンダントにして身につけたいと思っています






続きを読む "雨の日もたまにはいいことがある"

| | コメント (2)
|

少しずつ少しずつ

GWも後半になりました
私は今年10連休なので、今日と土日でおしまいです
10日間も休んで、月曜日からちゃんと社会復帰できるのか不安ですcoldsweats01

りきが天国へ旅立ったのは、連休前の4月26日の夜でした
もう11日も経ってしまいました
27、28日と会社でひとりきりになってしまう時間がつらかったです
気づくとりきのことを考えて、泣きそうになっていました
帰って来ると悲しみがこみ上げて来て、号泣していました
今でも悲しいし、泣きそうになることはあるけど、
この連休の間に少しずつ気持ちの整理がついてきたような気がします
まだ完全ではないけど、泣き続ける毎日からは脱出できました


もうりきに会うことはできないけど、
きっとりきは天国で、何不自由なく、もう痛みも恐怖もないところで
好きなだけ走り回って、ゆっくり眠って、たくさん食べて
笑っているだろうなと思うようになりました
そして、りきに出会えたことに感謝しています
りきが18年もがんばって生きてくれたことにも...
窓辺にりきの写真と花を飾っています
連休中、毎朝花の水を換えて、そしてりきに話しかけています


Img_0150

Img_0151_2
Img_0153

続きを読む "少しずつ少しずつ"

| | コメント (0)
|

りきの話〜青年・中年期〜

実家では子供の頃からいつも犬や猫がいたのですが、
りきは我が家史上初の室内犬でした
24時間一緒に過ごす楽しさを教えてくれたのもりきでした
私は一緒に暮らしていなかったので、
たまに帰省すると、りきが新しいことを覚えていたりするのが
とてもおもしろかったです

おて・おかわり・まて・よしは、弟が教えて、
りきは完璧に覚えました
「まて」と言うと、エサをどんなに鼻先に見せても
目をそらせて食べようとしませんでした
私が教えたのは、「まて」の次に「ワン!」と鳴いたら食べられるというものです
「まて」と言って少し待たせてから、手のひらをりきの前にかざします
その合図でりきが「ワン!」と吠える
すると私が「よし!」と言って、エサを食べられるという段取りです
このとき、りきの気分で「ワン!」が「ワフっ!」になったり、
声が小さくなったりすることがあります
あまり食べたくないおやつのときにそうなるのですが、
そういうときは「声が小さい!もう一度!」と言うと、
りきは仕方なく「ワン!」と言い直すんです


りきはたくさんの言葉を聞き分けることができました
「ぶうぶう」は車
りきは車に乗るのが大好きで、「ぶうぶうで行く」と言うと、
自分も行くと言って大興奮!
早く早くと言って、玄関の方へみんなを急かすのでした
だけど、「りきはダメ。お留守番」と言うと、
とたんにしょんぼり....おもちゃをくわえて振り回してスネたりします
りきは獣医さんが大の苦手で、病院に一歩でも入ると
まるで人形のように固まって動けなくなります
だけど、「先生のところへ行こう!」というと大はしゃぎ
なぜかというと「ぶうぶう」に乗れるからです
車に乗ってる間は大はしゃぎで吠えまくっているのですが、
病院に着いたとたんにしゅんとなってしまうのがおもしろかった


ある日、私が母に「お母さん、今ヒマ?」と言うと、
なぜかりきが興奮して大騒ぎ
母が、「うん、ヒマだよ」と答えると、りきはさらに興奮
そして、玄関まで走って行って、散歩用のリードをくわえて持ってきました
うちではリードのことを「ひも」と言ってたので、
「ヒマ」が「ひも」に聞こえたらしいのです
それがわかってから、私と母でよく「ねえヒマ?」「うんヒマ〜」と言い合って
りきをからかったものでした


Image200

続きを読む "りきの話〜青年・中年期〜"

| | コメント (0)
|

4月にさよなら

朝が来る度に、悲しみが襲ってきます
りきは朝が大好きで、元気だった頃は早起きでした
私が寝てると、布団に入って来て手をなめたり、
それから私の額を前足でガリガリして、
よく起こされました


朝から家の中を走り回っていたりき
台所にいる母にはりついて、ご飯を催促してたりき
おもちゃをくわえて遊んでいたりき
思い出すときりがなく涙がこぼれてきます


りきがいなくなって4日目
時間だけはどんどんすぎていって、
そうしてきっといつかりきがいた時間より
いない時間の方が多くなっていってしまう
そのことが今は堪え難いです
できることなら、時間の流れを止めてしまいたい
そして、りき、帰っておいで
また抱っこしてあげるから
戻っておいで
そんなことを思ってしまうのです

Img_0151

りきがいた4月
りきが旅立った4月
4月が終わっていきます

| | コメント (0)
|

ペットロスなう・りきの話〜幼少編〜

ペットロスってこんなふうなんですね
近しい人を亡くした時と本当に同じ
もしかしたらそれ以上かも
私、実際、父が亡くなった時より泣いてます


 


りきの話を少しさせてください
16年前に亡くなった父が「どうしても飼いたい!」と言って、
母の反対を押切って迎えたのがりきでした
たまたま母の知り合いのおうちで、シーズーの子が生まれたと聞いて
両親そろって見に行ったそうです
りきのお母さん犬は白黒のシーズー
飼い主さんは真っ白い子が欲しくて、マルチーズとかけたのですが、
生まれてきたのはみんな母犬と同じ白黒ブチだったのでガッカリ
タダであげるわという話だったようです

5匹いた子犬の中で、一番小さくて人気のなかったのがりきで、
父が「コイツが一番賢そうだ!」と言って選んだらしいです
「人を見る目はなかったけど、犬を見る目はあったね」と家族で話してます
父には野望がありまして、小型犬を飼って手なずけて、
自分のトラックに乗せて(父は大型トラックを運転してたのです)、
日本全国を回るという、それは壮大な?夢だったのです
かくしてりきは「トラック犬」になるべく我が家にやってきました

ちなみに「りき」という名前ですが、これも父のセンスで、
元々は昔飼ってた土佐犬の名前だったんです
土佐犬の名前をシーズーの子犬に付けちゃうところが
なんだかおかしかったけど、いつのまにかりきはりきになったのでした

父のりきへの溺愛ぶりは相当なものでした
一緒にお風呂に入って、一緒のお布団で寝てました
寝る前の儀式?があって、りきを膝の上に乗せて、
何事か一生懸命話しかけるのです
一度、その現場をふすま越しに見てしまって、
「なんなのあれ?お父さん、大丈夫なの?」と母に聞いたぐらいです
しかし、その甲斐あってか、りきはとうちゃん大好きに育っていきました

しかし、悲劇は突然訪れます
父が腎不全で透析患者になってしまって、
定年の1カ月前でトラックを降りることに....
りきは「トラック犬」としてデビューする機会を失いました
父は透析のために右腕にカテーテルを埋め込まれ、
感染症になるといけないので、りきを抱っこできなくなりました
「ごめんな、とうちゃん、もうりきを抱っこできないんだよ」
りきはなんで抱っこしてもらえないのかわからないので、
一生懸命にせがむのですが、父も辛かったと思います
そして、りきが2歳のときに、父は先にあの世に逝ってしまいました

大好きだったとうちゃんが突然いなくなって、りきは混乱します
車の音がすると、庭が見える窓際へ走って行くのですが、
待っても待ってもとうちゃんはもう帰って来なかったのです
りきはずっとその窓辺で寝そべって外を眺めてるのが好きだったのですが、
あれはもしかしたらずっととうちゃんを待っていたのかもしれないなと
今頃思ったりして

Img_0201


Img_0202


続きを読む "ペットロスなう・りきの話〜幼少編〜"

| | コメント (0)
|

お別れ

26日夜9時頃、実家で弟と母に看取られて
りきは天国へ旅立っていきました
18歳でした 大往生です
私は、最期にそばにいてあげられなかったけど、
2週間前に会いに行って、一日中抱っこしていました
りきは元気なときは4kgあったのですが、
もう半分ぐらいに小さくなっていて、
下半身が麻痺して寝たきりになっていました
肛門付近にガンがあって、排泄が困難になってしまいました
ときどき激しい痛みに襲われて、
「ぎゃおーん!ぎゃおーん!」と叫んで...
けれど、私が訪ねたときはまだ食欲もあったのです
お水もたくさん飲んで、お腹が空くと
いつもと同じように「ふんっ!ふんっ!」とご飯の催促もして


 


りきはもう目も見えなくて、耳も聞こえなくて
真っ暗な中で一人で動けなくなっているのが怖かったんだと思います
私がいる間、それはもう甘えて甘えて.....
私はまるで赤ちゃんを抱っこするように、
りきのやせ細った身体をタオルで包んで抱っこしてあげました
朝からずっと抱っこして、ひなたぼっこしたり、
りきが大好きだった庭に出て風に吹かれたり
りきはうとうとして眠ったり起きたりを繰り返していました


私はりきを抱きながら、何度も名前を呼んで、
「よくがんばったね。本当にお利口だったね。
ありがとうね。今までありがとうね、りき」と言いました
耳の聞こえないりきに少しでも伝わるように、
小さな頭の上でそっと何度も言いました
目が見えなくても耳が聞こえなくなっても、
やせ細ってしまっても、りきはとてもかわいかったです
私の腕の中でうとうとしてる安心しきった様子
本当にかわいかった


りきは18年間も私たち家族にたくさんの喜びを与えてくれました
それはりきにしかできないことでした
私にとってりきは、犬というよりは
うんと歳の離れた弟のような存在でした
どうしてそんなに早く歳をとって逝ってしまうのか
本当にりきの存在が大きすぎて、
私にはまだりきのいない生活がどんなものなのか
まったく想像がつきません
今はただただ悲しくて、
もうりきに会えない、もうりきを抱いてあげられないのが
本当に悲しくて、悔しくて...


りきは明日の夜、火葬されて天に昇ります
私は行けないのですが、
弟と母がお骨を拾ってくれることになっています
虹の橋を渡って、天国へ迷わずいってくれるといいな
もう痛くないよ もうさみしくないよ 怖くないよ
りき、いつの日かまた会おうね


今日帰りに花をたくさん買ってきました
りきは花が大好きだったから
そして、黄色がとっても似合っていたから
黄色いラナンキュラスと、白いカーネーション
写真立てのところに飾りました

110428_190030

| | コメント (2)
|

近ごろのお気に入り?

200912121748000
スカジャン、ていうんですか、これ
弟が買ってあげたらしいです
リキは16歳のジジイなんですけどね


200912131426000
ステッチの上に竜、下にトラ
これを着せると「散歩に行く!」と騒ぐそうです



母はステッチを知らず、電話でリスだと言いました
「リスの上に竜がいてね、下にトラがいるの」
まさかリスがステッチだったとは.....



| | コメント (0)
|

母の畑

このところ夜になると大きな雷と激しい雨thunderrain
幸い停電にはならずにすんでるけど、
雷どどーんと鳴るとやっぱりコワいです
実家の犬・りきは、今はもう耳が聞こえなくなりましたが、
昔は雷が大の苦手でした
雷がくると、抱っこして抱っこしてとせがみます
そんなにふるえなくても...というぐらいブルブルふるえて、
丸い目をうるうるさせて怖がるりきを
「大丈夫だから!」と言いながら
雷が通り過ぎるまでずーっと抱いていたときのことを思い出します



母の家庭菜園は今、夏野菜の大収穫祭り
「きゅうりをね、穫らないでおいたら大きくなっちゃって」
「ナスがこれでもかっていうぐらい成っちゃって」
「紫芋はうまくいかなかった...おいしくなかった」
「プチトマトもたくさんできて」
電話をすると野菜の話ばかり
毎日畑へ出かけて、野菜の出来具合を見るのが楽しみな様子
りきも母の作った野菜を毎日食べています
「かあちゃんの作ったきゅうりだからうんまいんべぇ!」
りきは野菜が大好きですが、
出来の悪いものは食べないこともあるそうで、
なかなか優秀な?試食係みたいです


Img_0207

「うんまい野菜食わせろよ、かあちゃん!」

| | コメント (2)
|

久々丸の内

早起きしてめだかの世話
そして午前中いっぱいミシンshine
曲線を縫うのはやっぱりまだ難しい


このところすっかり引きこもりで
会社と家の往復+市川〜津田沼と
行動範囲が狭くなってる私
午後、久しぶりに丸の内に出かける
カフェでおしゃべりをすること自体
とっても久しぶりで楽しかった
暗い話題が多いけど、
互いの趣味の話は盛り上がりましたね
Eさん、ありがとうございましたsmile
次は東銀座でsign01



往きの電車が異様に混雑してると思ったら
丸ビルも新丸ビルもバーゲンだった
あとでわかって納得think
待ち合わせまでの間ウインドウショッピング
こんなところをウロウロしてたら
いくらお金があっても足りないなあ....
洋服を見ると、今までと違って
「これ、どうやって作るのかな?」
「この生地カワイイなあheart04
「こういう色もいいなあ〜confident」なんて思う
だけど、洋服作りはまだ先のこと
まずは小物作りからはじめてみようと思っているところ
はてさて何ができるやら....




birthday今日は実家の愛老犬・りきの誕生日
15歳になりました!
最近の暑さで血圧が乱れてるらしいので、
酷暑対策として
「ひんやりマット&ひんやりアゴ枕」セットを送ってみました
presentりき、気に入ってくれるかなあ....



 

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧